ICLを受けられる人、受けられない人

ICLは誰でも受けられるの?

ICLは、レーシックに比べて幅広い度数と目に対応しており、強度の近視の方、遠視や乱視の方、角膜が薄い方でも受けられます。なお、すでにレーシック手術や白内障手術を受けている方でも、ICL手術が可能です。

とくに適しているとされる方

◯角膜を削るレーシックが不安な方
◯3Dを超える近視の方(約-18Dまで可能)
◯角膜が薄くレーシックが難しい方

ICLなどの近視矯正手術が不向きな方

×1年以内に視力が大きく変動している方
×視力が不安定な妊娠中・授乳中の方
×緑内障・白内障など目の病気がある方
×レンズを入れるスペース(前房)が極端に狭い方

 

適した年齢はありますか?

クリニックによって、若干、適しているとする年齢に差がありますが、21歳~45歳を中心に、老眼対策を考慮した場合には、50歳前後まで適応とされるケースもあるようです。

 

近視と同時に、老眼も治せますか?

老眼は遠近のピントを合わせる能力が衰える症状ですので、屈折の矯正を行うICLやレーシックなどの視力矯正治療での改善は望めません。

みんなのICL運営事務局

みんなのICL運営事務局

     

「みんなのICL」は、ICLを「より安心」に受けるためのサイトです。

公式Facebook
公式インスタグラム

ICL手術は、自由診療となり、全額自己負担となります。

ICL手術で起こりうるリスク・合併症のこともよく考えて、手術を受けるかどうか判断しましょう。
受けると決めたら、料金で選ばず、信頼できる病院を選んでください。

お問合せ先
info@icl-minna.net
→ 「みんなのICL」について

各種紹介特典あり
Amazonギフト券5,000円分ももらえる